【沖縄・北部】「やんばるアートフェスティバル2021-2022」Part1

昨年度に引き続き今年度も行って参りました!!

最終日前日に訪れたので開催終了後の投稿となりますがお許し下さい😅

今回行けなかった方のためにもざっとご紹介できればと思います。

今回記事が長くなってしまいそうですのでPart1・Part2に分けて書いていきますね~

Part1では、辺土名商店街での展示+オクマプライベートビーチリゾートでの展示をご紹介させて頂きます。

Part2では、メイン会場である塩屋小学校内の展示を紹介する予定ですので合わせて読んでみて下さい!!

やんばるアートフェスティバルについて

2017年冬、「ヤンバルニハコブネ」から始まった「やんばるアートフェスティバル」は、今年5回目の冬を迎えます。

今年のテーマは

「君知るや、やんばる」

君は、やんばるを知っているか?

生命の息吹を間近に感じる亜熱帯の森と海、
豊かな自然に育まれた食、工芸、祭祀などの文化、
目にするもの、耳にするもの、出会うものすべてが
誰しもの心に宿る「創造の種」を呼び覚ます。
この地に集う多様性に満ちたアートを通して、
世界自然遺産「やんばる」を、さらに深めよう。

開催期間は
2021年12月18日(土) ~ 2022年1月16日(日)

になります。

会場となるのは、大宜味村立旧塩屋小学校・大宜味村役場旧庁舎・辺土名商店街 の各会場

今年度の参加者をご紹介

【エキシビジョン部門】

・アートモ ・伊藤彩 ・usaginingen  ・エルダル‐インシ ・「沖縄・記憶と記録」プロジェクト ・我喜屋位瑳務 ・カゼモニワ 多田弘×濱元朝和 ・金氏徹平×森千裕 ・ゲルコ‐デ‐ライター ・「THE SNOWFLAKES」from TOBIU ART COMMUNITY  ・ジミー大西 ・高橋相馬 ・谷原菜摘子 ・谷本研 ・Chim↑Pom  ・椿昇 ・仲程長治 ・西野達 ・のん ・曳野真帆 ・ホテル アンテルーム那覇コレクション ・MIRRORBOWLER×Jungle Studio  ・湯浅要 ・淀川テクニック 

【クラフト部門】

・亞人 ・西表焼青烽窯 ・ENTRO glass studio ・O’Tru no Trus ・オサム工房 ・機織工房しよん ・ORSA ・oroku ・草竹工房すーら ・工房谷池 ・シーサー陶房大海 ・菅原謙 ・染織工房timpab ・陶藝玉城 ・陶房大政 ・仲田雅也 ・芭蕉布織工房 ・ポメーロ ・南の島の布紀行いろいろ(紅型工房ひがしや) ・moe matsuda

総勢44組の方々のアートが塩屋小学校を拠点にやんばるの至る所で展示されています。

【その1】辺土名商店街

数ある展示会場の中の一つ沖縄本島最北の商店街「辺土名商店街」での作品をご紹介していきます。

こちらでは3か所に分けて作品が展示されておりました!

ある場所【湯浅要・高橋相馬】

まず、始めに①番の会場で展示されていた湯浅要さんと高橋相馬さんの作品です。

お二方のテーマは「ある場所」

湯浅要(左):認知症の祖母が見た世界を想像し、絵を描く。書いては消す、を繰り返し、引き剥がされた色やかたちに焦点をあてた作品を制作。最近はさまざまな光の色が混ざることで成り立つ「白」の絵画に関心を抱いている。

ある場所  湯浅は、実際には見えていない現象を想像し、幾つもの重なりの上に現れる実体を描きます。 そうした場面を前に、それぞれの認識で受け取る実在の創出を試みます。 目にしている光景の変化を「ある場所」に置き換えます。

こちらの3作品が湯浅要さんの作品。

説明の通り「白」が基調とされていてその上に残像の様に風景が見えてきました。

パッと見た感じ1枚目は柳の木のようなものが 2枚目は車が通りすぎているような風景が 3枚目はお花?のようなものが私には見える気がしました。

見る人にとって全く違うものがみえると思います。確かによく見ていくと人影がみえたりと、自分は一点に止まって居るけれど周りは止まることなく動いき続けているようなそんな印象を受けました。よくある、街中をタイムラプスで撮影してそれを見ている感じです。

この作品を見て私は、静止画ではなく”動画を絵にした”ようなものを見ている感じでした!!

続いて、

高橋相馬(紹介パネル右):2015年より沖縄の建物や看板などをモチーフにペインティングを制作。描かれるモチーフは「その土地にしかない、またはその場所に合わせた仕様になっていて」「珍しくない」ものを選んでおり、何気ない風景を描くことで自分が生きている時代の記録を試みている。

ある場所  高橋は、あまりにもその場になじみ、つい見落としてしまいそうなありふれたモチーフを緻密な風景画に落とし込みます。高橋の視点を通して切り取られた場所は、微妙にトリミングが施され、全く同じではない「ある場所」としてたちあげます。

どこか見たことのあるような、無いような風景画。

パッと見た時は正直写真かと思うくらいにリアルに緻密に表現されていて驚きました!!

3枚目の作品のタンクに射す光の表現なんかは、とてもリアルで目を疑いました👀

窓辺に飾られていた牧志にある駐車場の絵があったんですが、(見返すと鏡で反射して上手く撮れていなかったので載せませんが💧)そこは完全に私の記憶と一致した場所の絵でしたので、この絵を見た後に周りを見渡すと、ハッとするかもしれませんね~✨

このお二方の作品は元々民家として使用されていたような場所に展示されており、どこか懐かしい雰囲気を感じさせながら、普段の生活の中でも視点を変えてみたりするなど何か新しい発見があるんだよ!と教えてくれるような感じが致しました。

作品が展示されている場所にもアートの意味や作者の思いが込められているのかもしれませんね~!

こちらは作品でも何でもないと思いますが、芸術的だったのでパシャリ📸

日常生活でも敏感に素敵だな~芸術だな~と思えるような感覚を忘れずに過ごしていきたいですね♪

忘れようたって 忘れられない 【西野達】

さてお次は、②番の展示会場へ~👫

テーマは「忘れようたって 忘れられない」

西野達:屋外のモニュメントや街灯などを取り込んで部屋を建築し、リビングルームとして公開、あるいは実際にホテルとして営業するなど、公共空間を舞台とした人々を巻き込む大胆で冒険的なプロジェクトで知られる。

忘れようたって 忘れられない  現在は廃屋となっているこの建物は去年まで「ひかり医院」として開業され、それ以前は「共同売店」として町の全ての人々にとってなくてはならないものでした。この建物では数々の物語が生まれたに違いありません。 私はそのような町の人の思いが詰まったこの建物をモニュメント化することを考えました。 思い出はおぼろげな記憶の中だけに生きていきます。時が過ぎるとともに曖昧になってゆく思い出を、私は建物の細部を同じように曖昧にすることで表現しようと考えました。細部を認識できない外観を持つこの建物は、詳細な記憶が失われてやがて純朴なイメージとしてだけ残る思い出を形にしたものなのです。

建っていたのは真っ白な建物です。

看板や窓等全部取っ払って真っ白に塗りなおされた建物。

ひかり医院や共同売店だった姿を知っている方にとっては「ここに○○があったね~」等思い出として記憶から当時が蘇るのだと思います。

しかし、説明が無ければ、この地域に住んでいない私にとっては何がココにあったんだろう?なんの建物なんだろう?と想像だけの世界になります。

ある人にとっては、(言葉は悪くなりますが)よく分からないただの真っ白い建物に映り、ある人にとってはとても懐かしい憩いの場所で合ったり親しみのある建物として映り、またある人にとっては、この白い建物を見て幾つもの空想の世界や物語が出来上がる建物になるんだと感じました。

この建物一つで、色んな人の沢山の感情が動くのがとても不思議に思えてかたちある物を残していく、取り壊して、真新しいものを建てずにあえてモニュメントとして芸術として後世に残していくことも素晴らしいと考えさせられました☺

作品説明の通り細部まであえて残していないという事なので、ここでは元の写真は載せませんが、

グーグルマップで「ひかり医院」の写真を拝見しましたが、町のお医者さんというような雰囲気で懐かしい気持ちになりました。

コイノボリー 【伊藤彩】

辺土名商店街最後の会場です。➂番目で展示されていた作品。

テーマは、「コイノボリー」

コイノボリー  地元の方々に愛されているコインランドリーをイメージチェンジします。もともとある愛らしさを残しつつ、これからも愛され続ける場になればいいな~と思っています。 コインランドリーと歌「こいの~ぼ~り~」の響きが似ているとアイルランド人の夫が言ったのがきっかけで、会場では「鯉のぼり」をアレンジした曲をテーマソングとして流します。

入った瞬間圧倒されるこの空間!

ミステリアスな空間が広がっておりました~🍓

言葉で言い表せない謎の感情が沸き上がってきておりました😅

テーマソングは思い出せないですが、写真だけ見るとオルゴールが聞こえてきそうじゃないですか??

日常と非日常が合わさった空間で、私にはちょっとした怖い夢を見ているような感覚?入ったら出口が無くて抜け出せないぐるぐる回っている夢を見ている気分でした。

この3か所で辺土名商店街の展示は終了です!

続いてはオクマ プライベートビーチ & リゾートに行ってみましょう~🚙

【その2】オクマ プライベートビーチ & リゾート

続いての展示会場はオクマプライベートビーチ&リゾートになります!

ここには、ジミー大西さんとのんさんの作品が展示されています!

ジミー大西さんの作品は、去年と引き続き同じ作品が展示されておりました!

MINIに描かれたカラフルな絵。独特の世界が広がっていました🌺

ちょうちょとガジュマル【のん】

この隣に展示されていたのが、女優のんさんの作品。

テーマは「ちょうちょとガジュマル」

ちょうちょとガジュマル  やんばるアートフェスティバルは、自然の力強さとアートが共鳴して、独特な魅力を放つアートフェスだと思っています。 最初にお伺いした時も、やんばるの自然に癒されました。  そのアートフェスに、作品を作って参加出来るのがとても嬉しいです。  私は2021年、リボンをモチーフにして絵を描いたり映画を作ったりしました。 リボンは、強いものとぶつかる事でパワーが膨れ上がります。やんばるの自然とリボンが合わされば、どんな作品になるんだ?とワクワクしました。 ちょうちょの大群をガジュマルの木に張り巡らせます。自然の異様なパワーを、リボンで表現しました。

圧巻でした👏✨

凄すぎて終始口が開きっぱなしでした(笑)

地面から枝の先まで色んな種類の色んな赤色のリボンで埋め尽くされておりました!!

このリボンがちょうちょを表現しているのですが、作品紹介でも綴られていた通りこの赤いリボンがガジュマルの血管のようにも見え大地からエネルギーを沢山受け、枝先に向けてそのエネルギーを解き放っているように葉っぱが咲いているようなイメージがひしひしと伝わってきました🌳

世界遺産にも登録されたやんばるの自然の美しさと壮大さを活かしたこの作品は私の一番のお気に入りになりました👍

アートに自然を取り入れるとこんなにも魅力的な作品に仕上がるんだと感じさせられました。

本当に素晴らしいの一言です。

さいごに

今回は、辺土名商店街とオクマプライベートビーチリゾートで展示されていた作品のご紹介となりました!!

私の個人的な見解と一緒にお届けしましたが、皆さんもどういう風に感じ取ったか是非教えて下さい!

次回Part2は、やんばるアートフェスティバルの拠点「大宜味村立旧塩屋小学校」で展示されていた作品をご紹介いたします!!

では、また次回の記事でお会いしましょう~👋

やんばるアートフェスティバルHP

HP:https://yambaru-artfes.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Natsu
大阪から沖縄へ移住してきました!! 写真・映画・音楽・旅が大好き♡ Hang-Loose精神で沖縄ライフを楽しんでおります♪ 晴れの日には夕陽を求めてどこでも行っちゃいます🚙 皆さんの沖縄旅行が少しでも特別になるような沖縄情報を発信していきます!!よろしくお願いします☆